ビタミンC誘導体とは?効果や副作用の危険性についても解説

ビタミンC

 

このページでは、美白オールインワンクリームPsホワイトクリームの主成分のひとつ、ビタミンC誘導体について解説します。

 

ビタミンCはもちろん、誰もが効く成分だと思います。

 

特に、美を求める女性は聞き馴染みのある成分ではないでしょうか?

 

でも、ビタミンC誘導体ってなんなんでしょう?

 

美肌に効く効果があるみたいなんですけど、本当なんでしょうか?

 

ということで。

 

私自身、気になったのでビタミンC誘導体の効果や副作用について調べた内容をまとめてご紹介します。

 

ビタミンCとは?

ビタミンC2

 

ビタミンC誘導体の内容を解説するためには、ビタミンCとはなんなのか?ということについて解説する必要があると思います。

 

知っている人には

 

「今更?」

 

と思える内容かもしれません。

 

でも、もしかしたら、「知っているつもり」になっているかもしれません。

 

念のため、ここでビタミンCについておさらいしましょう。

 

ビタミンCは英文名をVITAMIN C (ASCORBIC ACID)といいます。

 

別名は、アスコルビン酸塩(Ascorbate)です。

 

ビタミンCは経血病の研究から発見された水溶性のビタミンです。

 

白色の板状、または針状の結晶性の粉末です。

 

水に溶けやすい性質を持っていて、強い酸味があるのが特徴です。

 

(レモンもそうですよね。)

 

ビタミンC(アスコルビン酸)は水溶性のため、不安定で、安定性の高い「誘導体」が用いられるケースがあります。

 

そして、その誘導体のひとつに、Psホワイトクリームに含まれるビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)があります。

 

ビタミンCの効果は?

疑問

 

ビタミンCには美容にとどまらず様々な効果があります。

 

ビタミンCの効果はひとくくりにまとめるのは非常に難しいのですが、今回はPsホワイトクリームに含まれているビタミンC誘導体にちなんで、主な美容効果について解説します。

 

肌のハリを保つ効果

ビタミンCはコラーゲンの生成に大きく関わります。

 

コラーゲンは、皮膚などの結合組織を構成するタンパク質です。

 

皮膚などを丈夫に保つ働きがあります。

 

体内でコラーゲンが生成されるときはビタミンCが必要不可欠で、これが不足していると、コラーゲンの生成がうまく行われず、肌のハリが失われてしまうリスクがあります。

 

つまり、コラーゲンの生成を促すために、ビタミンCが必要なんです。

 

だからこそ、美容においてビタミンCを上手に摂取することはとても大事なことなんです。

 

日焼けによるシミやそばかすを防ぐ効果

ビタミンCには、強い高御参加作用があります。

 

肌のシミの原因となる「メラニン」の生成を抑えて、日焼けによるシミやそばかすを防ぐ効果があります。

 

ただし、ビタミンCの「日焼け予防効果」は、ビタミンEと併用して皮膚に塗布することで初めて発揮されます。

 

ビタミンC単体摂取しても日焼け予防効果は期待できません。

 

シワを改善する効果

また、ビタミンCには皮膚のシワ(皺)を改善する効果が期待できます。

 

これもコラーゲンの生成に関わっていることではあるのですが、顔のシワが気になる方は、ビタミンCを意識的に摂取するといいかもしれません。

 

ビタミンCの副作用の危険性は?

心配

 

ビタミンCの副作用の危険性はほとんどありません。

 

多く摂取しても、体内に蓄積されることのない成分なので過剰摂取の心配もありません。

 

経口摂取であっても、皮膚への塗布であっても同じです。

 

人によっては、吐き気、嘔吐、胸やけ、胃痙攣、頭痛などの副作用が起こる場合もあるようですが、これは本当に相当量過剰摂取した場合のリスクです。

 

1日あたり、2,000mg以上のビタミンCを摂取するとそのような副作用を誘発する危険性があるので、その点だけ注意しましょう。

 

ビタミンC誘導体とは?

美肌1

 

さて、ここまで。

 

長くなってしまいましたが、ビタミンCの効果と副作用、特徴について書いてきました。

 

ビタミンCがいかに、私達の肌に必要不可欠な成分であるかということがおわかりいただけたのではないでしょうか?

 

では改めて本題に戻って。

 

ビタミンC誘導体とはなんでしょうか?

 

ビタミンC誘導体は、別名「油溶性アスコルビン酸類」といって、水溶性のビタミンC(アスコルビン酸)を油溶性化した原料です。

 

化粧品成分の国際的表示名称は、ASCORBYL TETRAISOPALMITATEです。

 

「ビタミンCとは?」の項目で記載しましたが、ビタミンC(アスコルビン酸)そのものは水溶性なので、不安定でその効果を活かしきれない部分があります。

 

そこで、ビタミンC誘導体を配合することで、ビタミンCの美容効果を最大限活かすために必要な原料です。

 

Psホワイトクリームで配合されているビタミンC誘導体は、「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」といいます。

 

難しい言葉が並んでしまいましたが(笑)

 

とにかく要は、

 

ビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)は、不安定なビタミンCの美容効果を最大限発揮するために必要な原料と思っていただければOKです。

 

ビタミンC誘導体の効果は?

美容効果を実感する女性

 

美白オールインワンクリームのPsホワイトクリームはビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)を配合することで、一般的なビタミンCと比べて、

 

  • 浸透力約30倍
  • 作用持続時間約43時間以上

 

という驚きの効果を実現しています。

 

まさに、PsホワイトクリームはビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)を配合することでビタミンCの効果を最大限高めているんです。

 

そのため、ニキビを改善したり、コラーゲンの生成を高めたりして、今あるシミにアプローチしてくれているんです。

 

ビタミンC誘導体とは?まとめ

美肌1-2

 

長く、難しくなってしまいましたが、ここまでで、Psホワイトクリームに含まれるビタミンC誘導体がいかに美肌のために重要な成分なのかということがわかっていただけたのではないかと思います。

 

まとめると・・・

 

  • ビタミンCは肌にハリをもたらしたり、日焼け防止をしてくれる成分
  • 副作用の危険性はほとんどない
  • しかし、ビタミンCは水溶性のため不安定
  • ビタミンC誘導体はそんなビタミンCの効果を最大限発揮するために必要な油溶性の原料

 

このような効果や特徴があります。

 

こんな油溶性のビタミンC誘導体を配合しているからこそ、Psホワイトクリームは口コミで効果を実感した人が続出しているんですね。

 

Psホワイトクリームの詳細はトップページでまとめていますので参考にしてください。

 

Psホワイトクリームを使ってみた口コミと効果!美白成分も徹底調査

 

 

参考文献

 

・田中平三・門脇孝・久代登志男・篠塚和正・山田和彦・松本吉郎・尾ア治夫・渡邉和久 著 健康食品・サプリメント[成分]のすべて 2017 ナチュラルメディシン・データベース 同文書院

 

・宇山 光男・久光 一誠・岡部 美代治 著 化粧品成分ガイド 第6版 フレグランスジャーナル社

 

・一般社団法人日本サプリメント協会 著 サプリメント健康事典 (集英社女性誌eBOOKS) 集英社